母になってなお、あれこれやってみたい まどかのblog

一女一男の母。働く母の自分も同志も応援したい。育休中。子育てネタ、キャリア系ネタ、育休ネタ。至って平均的でスーパーウーマンでもなんでもない子育て自分育て中の自分の情報が、誰かの役に立てたら幸せです。

【こりゃ確かに増えてる】0歳児を預けて働く母増加中

7/3のNHKで朝やっていた特集で見たグラフ。

f:id:arekore-mom:20190705060225j:plain


0歳児を認可保育所に預けて働く母の数が10年で1.7倍にもなっているというデータ。

番組で扱っていたのは、
・まだ母乳やミルクの時期の赤ちゃんを預けて働くということは、母乳で育ててきたお母さんにとって実は乳腺炎のリスクなどがあり、人知れずトイレで搾乳していたり、痛みに耐えて大変だということ
・一部の企業で搾乳ルーム(母乳保管用冷蔵庫あり)を整備するなど理解が進んできたこと

なのだけど、これを観て感じたのは

・きっと認可保育園自体も増えてきたんだろうな
・認可外含めるともっと0歳児預けて働く人増えてるよな
・中には1歳からじゃ保育園入れないから泣く泣く0歳から預けた人も多いだろうな
・預け入れ時期も復職時期も自由になる日がくるだろうか
・保育士さんていなくちゃこまる、本当にありがたいお仕事だから、優遇してあげてほしい
・なんにせよ働く母がどんどんスタンダードになるだろうな
・職場、上司、パートナー(パパ)の理解が10年間で1.7倍相当果たして進んだのかな。搾乳ルーム作る会社、素晴らしいけど稀だろうな。これからは少なくともソフト面(周囲の理解)だけでももっと進んでほしい。


でした。

で、あらためて思ったのは

・小さい子泣かせて預けてする仕事、やっぱり迷いがある中だとしんどいよなぁ
・ていうか私もまだちょっも迷ってるなぁ
・やっぱり働きながら子育てしているママさんたちの応援することを何かしたいなぁ


です。
テレビ観ててこう思うって、やっぱり相当自分のやりたいことなのかな。
という気付きがありました。

他にこれを観ていた人はどう思ってたのかな~

ぼやきでした。