母になってなお、あれこれやってみたい まどかのblog

一女一男の母。働く母の自分も同志も応援したい。子育てネタ、キャリア系ネタ、育休ネタ。至って平均的で子育て自分育て中の一人の情報だけれど、誰かの役に立てたら幸せです。

【みんなはどうしてるんだ?】我が家の在宅勤務×自宅保育事情

私が復職し、在宅勤務×自宅保育生活も1か月半が過ぎようとしています。

 

夫もほとんど在宅勤務になり、これは非常にありがたいことだと認識しています。

 

在宅勤務がしたくてもできないお仕事の方や、エッセンシャルワーカーの方に支えられており、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

弱音を吐いたりしたらいけないような気持ちにもなります。

でも、この生活にやっと(気持ちが)慣れてきたような、疲労困憊な日々に色々溜まってきたような、といった感情が渦巻いています。

 

移動時間もなく、家の中で会社の仕事と保育と家政婦をしているような気持ちです。

 

そんな、この先中々無い(と願う)この期間の生活。

可視化してみたいですし、忘れないためにも、"概ねこんなかんじだったな"というスケジュールを記録しておこうと思います。

 

f:id:arekore-mom:20200523134951p:plain

 

 

  

我が家のメンバーは

 

息子:1歳半。動きが活発になり、何でものぼる。届かない物には椅子を運んでのぼって手を伸ばすという技を身に付け始めた小猿。保育所入所するもすぐ休園に。

 

娘:お姉さんとして、弟の世話をしたがったり、自分で何でもやりたい反面、弟よりかわいがられたい、甘えたい気持ちもある難しいお年頃。保育所は3月から徐々に登園自粛の後、弟と同じく休園。

 

夫:4月よりほぼ在宅勤務に。

「子どもがいる環境で仕事はできない!」と宣言し、物置き部屋にこもって仕事するのがデフォルト。その代わり?週1で有給休暇、+時折勤務時間をずらしてを使って子守りデー(妻の仕事集中日)としている。

 

私:3月の登園自粛期間、よく揉めあっている子ども達2人を自宅保育することは無理かも?と感じる中で、仕事に逃げたい気持ちと、夫にも家のことをやってほしい気持ちと、職場に育休延長と伝える決断ができないという3つの要因があり、4月に復職。

 

 

 

パターンは5つ

今のところ、以下5パターンでやりくりしています。

 

1. 終日、母が子と一緒に働くパターン

2. 午前、夫が子守りをし、その分朝か夜へ仕事をシフトし、午後、母が子と一緒に働くパターン

3. 午前、母が休暇を取得して子守をし、午後、母が子と一緒に働くパターン

4. 午前、母が子と一緒に働き、午後、母が休暇を取得して子守りをするパターン

5. 終日夫が休暇を取得して子守りするパターン

 

 

一番私が楽なのは、やはり

5. 終日夫が休暇を取得して子守りするパターン

 

です。

仕事にほぼ集中できるってありがたいことなんだと実感します。

 

2.~4.も、どれがうまくいくか試行錯誤しました。

でも、やってみてわかったのが、誰が半日かまってくれようと、"かまってくれた貯金"をこどもにしてもらうなんていうのは難しかったです。

 

我が家の子ども達は、家に大人がいたら、ずっと遊んで欲しい気持ちが変わらないの年頃&性格の子どもというものだと知りました。

 

 

 

 具体的なスケジュール

 

オーソドックスな、
1. 終日、母が子と一緒に働くパターン

で記してみます。

 

■5:30

 息子:起床→オムツを替えてフォローアップミルクを飲む→やんちゃタイム

 私:よじのぼり小猿(息子)にくっついてまわりながら、母は一緒に遊んだり、自由時間(Twitter、コープやネットスーパー注文、ニュース、Voicyなど)

 

■6:00

 息子と私:朝食食べる→保湿、着替え、オムツ替え

 

■7:00

 息子:Eテレ

 私:家事、身支度、私用の連絡、家族間SNS投稿

 

 

■7:30

 息子:Eテレビ

 娘:起床→保湿、着替え→Eテレ

 夫:起床→身支度→朝食準備

 私:布団や息子の散らかしたおもちゃを片付けたりゴミ出し準備、洗濯機のフィルターやちょっと拭きたい所拭き

 

 

■8:00

 全員:朝食(娘が超遅い。息子と私は2度めだけど食べる。)

 

■8:45

 息子と娘:再びEテレ、もしくはBSのアンパンマンなど

 夫:食器を食洗機へ→始業準備

 私:息子のオムツ替えゴミ出し、始業準備

 

 

■9:00

 息子と娘:一人遊び、もしくはたまに交わる遊び(平和な姉弟遊び時間は唯一ここ!)

 夫:仕事部屋で始業

 私:母子同室(産院か!)で始業

 

■10:00

 息子と娘:朝おやつ(本当は息子だけでいいのにつられて娘も)

 私:おやつのお世話(渡すだけにしたいけれど、こぼすものを拭く、姉のものを欲しがる息子を制す、テーブルにのぼるのを降ろすなど)

 

■10:30

 息子:眠くなってきて抱っこしてほしがる→抱っこ紐に入れてゆらゆらしていたら寝る

 娘:遊んで欲しがる→弟がいるとやりにくい、トランプやアクアビーズを母とやる@ダイニングテーブル

 私:息子をおんぶか抱っこ、娘と片手でトランプかアクアビーズ→仕事にならず、あまり考えないで済む返信や手続き系、読むだけの資料やメール確認をする。

スタンディングで抱っこ紐ゆらゆらしているのでPCはキッチンカウンター。

 

■11:15

 息子:起床、録画したアニメ鑑賞

 娘:録画したアニメ鑑賞

 私:午前の仕事を切りがいいところまでにして昼食作り

 

 

■11:30

 息子:全員昼食

 

■12:15

 息子と娘:父と遊ぶ

 私:仕事再開

 

■12:30

 息子:抱っこしてほしがり抱っこ紐で寝る

 娘:スマホアプリタイム(ごっこランドがお気に入り)

 

◼️13:00

 娘:母とままごとかトランプ遊びかワーク

 私:片手で遊びか花丸付けをしながら簡単な仕事、会議出席など(基本はミュート)

 

 

◼️14:30

 息子:起床、おやつ

 娘:おやつ

 私:おやつのお世話(渡すだけにしたいけれど、こぼすものを拭く、姉のものを欲しがる息子を制す、テーブルにのぼるのを降ろすなど、を再び)

 

 

◼️15:00

 息子と娘:一人遊びかDVDかYouTubeタイム

 私:仕事ラストスパート

 

 

◼️16:00

 私:終業→こっそり数分自由時間。子ども達に気付かれるまでスマホチェック。娘が「もう時間!」と終業していることに気付くのが早い早い。

 

 

◼️16:15

 息子と娘:母取り合い(母を欲してくれるのは幸せなのかもしれないけど、消耗する)。ごまかしごまかしみんなで遊ぶ。

 私:元気ならとことん遊ぶ。

ぐったりしていれば横になって飛行機遊びや患者さん役で病院ごっこ。

憔悴していたらEテレ頼り。

 

 

◼️17:00

 息子と娘:Eテレか一人遊び

 私:夕食準備

 

 

◼️17:30

 全員:夕食

 

 

◼️19:00

 息子と娘と私:お風呂→保湿→着替え→水分補給→歯磨き

 夫:仕事

 

 

◼️20:00

 息子:就寝

 娘と私:二人で自由度に遊ぶゴールデンタイム

 

 

◼️21:00

 娘と私:絵本を読んで就寝

 夫:終業→皿洗い→自由時間→風呂→自由時間→就寝

 

 

 

可視化してみて思うこと

 

こうして見返すと、朝はゆっくりだし、夕方も焦らず過ごせて、子ども達と遊ぶ時間があるなと気付かされます。

 

普通に復職して出社していたら、こうはいかなかった。

 

あと、「意外と私、頑張って遊んでるじゃないか」とも思いました。

日々「放ったらかしてごめんね」と感じている罪悪感はもう少し減らしていいのでは?とも。

 

 

そして、夫について。

ずいぶん色々やってくれて、こちらのペースに合わせてもらってありがたい。

 

が、仕事を集中してできていて、一人の自由時間があるのがかなりうらやましい。くー!!!


 

おわりに

 

間もなく保育所の開園再開の気配を感じられてきました。

 

とすると、今のこの大変な期間も、子どもとみっちり過ごせる貴重な時だったなという想いもふつふつと湧いてくるから不思議です。

 

とはいえ来月は園からの登園自粛要請があり、今私の中ではいろんな考えが入り混ざっています。

どうするのだろう。

会社や夫、保育園とも相談が必要そうです。

 

これ以上子ども達を泣かせて、遊びたい気持ちを我慢させたり、お友達との関わりが無いのも心配。

私のイライラを見せて生活させるのもかなり心配。

でも、何より感染拡大させないことが優先で、家族健康でいられるだけでありがたいことだとも思います。

 

どうするにせよ、願わくば。

 

もう少し続くこの期間を、あとから振り返って、「まぁまぁよかったよね!」と皆で笑って言いあえる日々になったらいいなと思います。