母になってなお、あれこれやってみたい まどかのblog

一女一男の母。働く母の自分も同志も応援したい。子育てネタ、キャリア系ネタ、育休ネタ。至って平均的で子育て自分育て中の一人の情報だけれど、誰かの役に立てたら幸せです。

【じじばばも娘も喜んでくれました】初めてのお手紙と初めてのオンライン帰省

毎年、5月の連休は夫の実家へ泊まりに行っていました。


今年はそれができないので、お手紙と贈り物と、今話題のオンライン帰省をしました。


贈り物は私が手配しましたが、
お手紙を書くのとパソコン画面を通じてじじばばと話すのは、娘にとって初挑戦。


じじばばにとっても初体験でした。

f:id:arekore-mom:20200511074917p:plain


お手紙書けたよ


4歳の娘は最近、私や夫に時折お手紙を書いてくれるようになりました。


そこで、連休も差し迫った4月末、
娘に
「じぃじ達にも書いてみようよ」
と提案すると、張り切って書いてくれました。


初めて便箋と封筒を使って書くお手紙にわくわくしながらさっさか書き、私に見せることなくご丁寧に便箋にシールを貼って封もしていました。


宛先欄にもメッセージや絵が書かれていたので、私は更に便箋に入れて住所を書き、切手を娘に貼ってもらいました。


投函は私が買い出しついでに済ませました。


二日後電話がかかってきて「お手紙ありがとう!自分で書いたの?!びっくり!!!」と声をかけてもらうと、娘はニヤニヤして遠くに隠れていました。


内容は「おとまり行きたかったよ。おうちが大きくていいな。」といった主旨だったようです。


じじばばも、孫の成長と、思わぬお手紙に喜んでくれたようです。


お手紙の写真、撮っておけばよかった~



クイズ、楽しかったよ


オンライン帰省は、連休に実施しました。


一度LINEビデオ通話をしてみたところ、音声のタイムラグが気になったので、私達が仕事等で使っているWeb会議ツールのZoomを使うことに。


このセット@じじばば宅が一番大変でした。


PCに何やら強固なセキュリティ対策がとられているのか、アプリインストールができない、Web版でも動作しないといったことも起こりました。


「ブラウザって何?青いe?クロームって?」
「はい?いいえ?次へ?このマーク?」
「テレビ電話でパソコンの画面を見せるの?どう?映ってる?」

なんてやり取りを二日に渡って実施し、
途中「もうこの時間もLINEビデオ電話してるんならそれでいいんじゃ」
なんて思う瞬間も訪れつつ、なんとか接続できるようになりました。


あえて翌日のおやつの時間に約束し、オンライン帰省を開始すると、意外とスムーズ!!


・大人は何となくお互いお菓子の紹介
・4歳の娘はペチャクチャ近況を話しだす
・1歳の息子はひたすら画面にコップを差し出して「かんぱーい!」を連発(じじばばが嬉しそうに返してくれるので、息子も嬉しくてエンドレス)


からはじまり、ちょっと落ち着いた頃に娘にクイズを提案すると、娘が

これなーんだ!

とおもちゃを見せたり、アクアビーズで作った作品を見せたりしながらじじばばにクイズを出して大盛り上がり。


じぃじが、画面越しでよく見えないのか、天然なのか、気を利かせてくれているのか(多分天然)、程よく間違えてくれるので、大人も爆笑して楽しい時間でした。


PC画面を通じて交流できるので、スマホでのLINEビデオ通話よりも表情や身ぶり手振り、物などを見せやすかったです。


一画面にギリギリ家族四人映り込むこともできました。


途中、画面から離れても十分映っていたようで、奥の部屋でトランポリンをしだしても、

「いつもそうやって遊んでるのね~!お外行けないけど運動してね~!」なんてじじばばから話しかけてくれたりしました。

息子が歩くようになってからも会えていないので、歩く様子も見せられてよかったです。


気付けば1時間半、楽しく帰省?できました。



オンラインで幼児が誰かと交流することも、
高齢者がそれに挑戦しようとすることも、
難しいケースは多いと思います。


・たまたま娘がおしゃべりなタイプであること
・娘は何度か親の会議やオンライン飲み会等に遭遇して慣れがあること
・じじばばの孫と交流したいというただならぬ情熱



があいまって、うまくいったのだと思います。
毎月電話をして話し慣れてたのもよかったかもしれません。



あわよくば、仕事中にオンラインで子ども達の相手をしてもらえないかとも少し考えています。

それはそれで気を遣うからやらない気もしますが。



なんにせよ、じじばばと孫が仲良く交流している様子は、嬉しいものがありました。


私は祖父母とあまり交流が無く、たまに会っても緊張しかなかったので、仲良しでいてほしかったんです。


仲良しでいてくれると、何かあった時にじじばばを頼ることになっても、子どもにとっても親にとっても不安が少ないはず。



外出自粛が不要になってまた会える日を待ちつつ、会えなくても意識的に義実家・実家との交流をしていきたいなと思いました。

(でも、私の母にはしょっちゅう電話しているので、お手紙もZoomもしていないです。母、ごめん!)



以上、直接会えなくても交流できてよかった、お手紙とオンラインでの会話のお話でした!