母になってなお、あれこれやってみたい まどかのblog

一女一男の母。働く母の自分も同志も応援したい。育休中。子育てネタ、キャリア系ネタ、育休ネタ。至って平均的でスーパーウーマンでもなんでもない子育て自分育て中の自分の情報が、誰かの役に立てたら幸せです。

【最近流行しているらしい?】娘 年少、高熱の風邪になりました

更新が滞っていました。


息子0歳10カ月が風邪をひき、入れ替わりで娘年少が風邪をひきました。
息子も風邪を経て甘えん坊に拍車がかかった中、弱って体調も機嫌も悪い我が子は、見ているのも看病するのも中々にしんどかったです。


最近鼻や咳などの症状無く高熱が出る風邪が流行っているという噂も聞きますし、貧弱な備えながら役立ったものがあるので、参考までに経過をまとめました!

はじまりは息子の発熱

ある日娘を保育園に送る際、いつも通り息子を抱っこ紐に入れ、そのまま朝寝をし、私は朝ドラの録画を観ながら家事やっつけタイムを過ごしていました。

すると、息子が抱っこ紐の中で異常に熱くなっていることに気付きました。

慌てて検温すると38.5度。昼の予定をキャンセルし、木曜の小児科休診日につき、木曜でもやっている小児科を探して予約しました。

受診すると、喉も綺麗で他にも心配な所は無く、風邪か、後から発疹が出たら突発性発疹かもしれませんとのことでした。


幸い2日で解熱し、発疹も出ずに、「ただの風邪かなぁ?」と思っていました。


娘も発熱

息子の解熱に安心して外出もしはじめた三連休最終日、娘の機嫌が悪い。
外出先から早々に帰宅を決めるも、帰り道で「寒い」と言い出しました。

確かに急に秋めいて涼しい気温になってはきたけど、この「寒い」は発熱の予兆に違いない。
と、案の定、帰宅すると39.4度。
他に症状もなく、息子と似たかんじ。
お姉ちゃん、弟の風邪をもらっちゃったのかもしれません。

辛そうなので家にあった解熱用の座薬を使おうかと思いましたが、娘が拒否。
保冷剤で脇の下と首の後ろを冷やすことで対処しました。

一度めの小児科受診

翌朝小児科を受診すると、喉も綺麗で腸も問題なく動いているとのことで、座薬の代わりの飲み薬の解熱剤を処方してもらいました。


解熱からの消化器官不調

帰宅すると何故か娘が元気になってきました。
熱が37.5まで下がり、食欲も出てきたようなので、娘のリクエストに応えて冷やし中華を作り食べさせました。

が。

直後から腹痛を訴え、しばらくしてから嘔吐。

消化器官はだいぶ弱っていたようでした。

腸も問題なく動いてるって聞いて、娘も食べたいと言うので、だいぶ油断をしていました(>_<)


壮絶な夜中

日中の嘔吐から食欲が皆無になり、水分もとらずに寝ていました。
夜になると「喉が渇いた」と言って起き、少し水分を取っては戻してしまい、またすぐ寝る。の繰り返し。
途中からイオン飲料をスプーン一杯ずつ、30分以上感覚をあけてあげるようにし、朝にはも落ち着いてきました。

苦しむ娘を見ていても辛いし、嘔吐の処理もあり、中々にハードな一晩でした。
幸い毎度、息子は授乳を終えて熟睡タイムだったこともあり、騒動中寝ていてくれたのが助かりました。


二度めの小児科受診

脱水症状が心配で、翌朝一番に小児科を受診したところ、吐き気止めの座薬を処方されました。
これでも吐くなら点滴の打てる病院へ行くようにと、紹介状もいただきました。

帰宅し、嫌がる娘を説得して座薬をいれると、次第に元気になり、食欲も出てきた模様。ほっ。

ゼリー、柔らかいうどんと慣らしていきました。

熱も吐き気も無くなり、食欲は出てきたものの、食べられる量は一回三口程度。
ほぼずっと横になり、明らかに痩せていく娘の様子を見ているのは胸が苦しくなりました。

一方で、ずっと「ふぇ~ん」と言っている娘と後追いの息子の相手をし続けることに限界を感じてきました。
寝不足もあり、優しくしきれなくなってきた自分が怖くなり、迷った末日中のみばぁばを召喚しました。
結果、めっちゃ助かりました。


ばぁばに風邪をうつすかもしれないこと、
世の中「ワンオペ辛い」で溢れていたことで、
誰かを頼るなんて甘い、みたいな感覚になっちゃっていましたが、私にとっても、何より娘と息子にとってもゆとりが生まれて本当に助かりました。


誰しもが頼りたい時に誰かを頼れる世界になったらいいなぁ。
頼れる人がいない状況は本当に辛いことだと思います。


三度めの小児科受診

食事量を増やし、メニューも普通になれば保育園も行けそうかな♪と思っていた朝、娘が「おなかいたいよ~」と泣くのでびっくり。
半信半疑ながらもまた小児科へ行くと、

便が出ていないのかな。はってて苦しそうだね。

と先生。

食べられる量が少ないし、上から出てたから油断していました!
4日も便秘。


小児科で大泣きしながら頑張って浣腸してもらったところ、腹痛は改善されたようでした。

よかったー!


まだまだ食事量は少なく、ずいぶん痩せてしまった娘ですが、遊ぶ元気も出てきました。

徐々にですが、今、確実に回復に向かっています。
連休で小児科が休みなのは少々不安ですが、きっと大丈夫と信じつつ、様子をよく見ていこうと思います。


あってよかったもの、知っていてよかったもの

今回、家に常備しておいてよかったと感じたものと、使わなかったけれども知っていて精神的に救われた情報があります。

保冷剤

冷えピタは脇の下などに貼りにくいので常備しておらず、代わりに保冷剤を常備していました。

熱が高くてうなっている時に、首もとや脇の下を、ハンカチに保冷剤を包んだものをあてて使いました。

するといくらか楽になるようで、すうっと寝付いてくれて助かりました。

イオン飲料(経口補水液または乳幼児用イオン飲料)

大人がよく飲むアクエリアスやポカリスエットは、幼児に適切ではないとのことで、赤ちゃん用のイオン飲料が家にありました。
これもやはり高熱や消化不良になってみて、常備していてよかったと思った物です。
病気の子連れで中々買いに行けないし、ゆっくりネットスーパー待ってられない、今欲しい!あ、あるある!となったので。

汚物処理セット(ビニール手袋、ビニール、マスク、ハイター、キッチンペーパー、バケツ、古いタオル)

本当は介護用等の使い捨てエプロンもあるといいそうですが、嘔吐物の処理に二次感染を防ぐために必要だと言われているグッズです。

これらを使い、以下の手順で処理します。

1、ビニール手袋とマスクを装着する

2、キッチンペーパーを上からかぶせ、拭き取る。

3、バケツに500mlペットボトルの水×2と、ペットボトルキャップ2杯のハイターをあわせて、消毒液を作る。

4、消毒液をしみこませた古いタオル(雑巾代わり)で汚れた場所を拭き取る。(スプレーボトルに消毒液を入れてスプレーする方法も聞きますが、飛沫が嫌だし、消毒液をスプレーに入れるなんて私はこぼすから無理です~)

5、洗いたい物は消毒液に漬け込んで洗います。(シーツなど)

6、拭き取ったものと手袋とマスクは全部ビニール袋に入れて捨てる


結局私も感染したのか、疲れのせいか胃腸炎になりましたが、処理セットがあるとこれからの季節も安心かと思います。

冷凍うどん

自分の平日の昼ごはんにも使えるからと常備していた冷凍うどん。
火を使わずにチンもできるし、便利そのもの。

今回は、ティファールでお湯をわかして、そのお湯と、鍋に少しのめんつゆと、うどんを入れてくたくたにしました。

教えてドクターアプリ

長野県佐久医師会が主宰されて、
「小児科医は診察室を飛び出そう」
「こどもの健康を守る主役は医療者ではなく保護者」
「小児救急外来の負担を軽減する」
というコンセプトで教えてドクタープロジェクトを運営していらっしゃいます。

アプリでは緊急時に対処法を検索できるほか、予防接種シミュレーター、救急車を呼ぶべきかどうかを判断するためのコンテンツもあります。

Web検索だと、誰が何を根拠に発信したのかわからない情報の選別に自分が混乱することも多いので、最近は子どものことで気になることがあった際は小児科の専門医さんが監修されているこのアプリを参考にしています。
「教えて!ドクター」スマートフォン用アプリ | 教えて!ドクター


#8000

休日や夜間の小児科がやっていないタイミングに、子どもの症状で迷ったら医師や看護師に相談できる、子ども医療相談電話窓口です。
結局使っていませんが、
「判断に困ったらここにかけよう」
と決めておいたことで、不安は軽減されました。
#8000

ファストドクター

東京、大阪で対応している、保険適応の往診型夜間救急で、
内科、小児科、整形外科医が待機してくださっているそうです。

もし娘が救急病院にかかることになったら、授乳期の息子を置いていけないし、連れてずっと抱っこも大変だし、もし夜中に娘が医師の診察が必要そうになったらここのお世話になろうと決めていました。

医療証も使えるので、こんなありがたいことないですよね。
【公式】ファストドクター




健康で、何にもお世話になる必要が無い方がいいですが、備えておくことで、いざという時に冷静に対応できたらそれもいいことだと思います。



どなたかの参考になれば幸いです!

f:id:arekore-mom:20190921150218j:plain
やせちゃったよー