母になってなお、あれこれやってみたい まどかのblog

一女一男の母。働く母の自分も同志も応援したい。育休中。子育てネタ、キャリア系ネタ、育休ネタ。至って平均的でスーパーウーマンでもなんでもない子育て自分育て中の自分の情報が、誰かの役に立てたら幸せです。

【いつ産む?】女性のキャリアと出産時期

日経doorsで
「キャリアと出産 いつ産む・どう働く」の特集が組まれています。


今の私は子を持つママである方と接する機会が多い育休中ですが、ちょっと前までは、まだ子を持たない、友人や仕事で接する女性社員から悩みを聞くことが多かったです。


でも共感しかできなくて、安心してもらえるような言葉をかけてあげられなかった当時を思い出し、今なら伝えられることがあるかもしれないと思い。


でも、今から過去には戻れないので、今同じような悩みを抱く方のところに届けばという想いと、この記事よくまとまってるから読んでみてほしいという想いで記事にします。

20代女性、アラサー女性からよく聞いた悩み(生の声をおおよそそのまま)


・このまま仕事ばかりしていて結婚できるのか
・仕事が忙しくて体調不良も続いていて子どもが産めない体になっちゃうんじゃないか
・やっと仕事が面白くなってきて、子どもか仕事か選ばないといけないと思う
・同期に遅れず昇進したいから、昇進まで子どもは欲しくないけど、それでいいのか
・育児と仕事を両立できるのか
・忙しくて自分の化粧も落とさず寝る私が、さらに子育てもできるわけがない

がむしゃらに働いていてキャリアを積んできた中堅やリーダー社員の女性からよく聞いた悩み(生の声をおおよそそのまま)


・妊娠は簡単じゃないなんて聞いてない
・不妊治療が大変と聞いて不安
・不妊治療と仕事の両立が苦しい
・子を持たないと決めたわけじゃない。でも、仕事を頑張ってきたのに子どもを産んで初めて一人前みたいに言われても解せない
・ていうか結婚相手もまだいないんですけど!

悩んでいた人に伝えたいこと


早く産むメリット、遅く産むメリット、どちらもあるよ!
逆に、大変なこともどちらにもあるけども!
だから、どちらが正解というわけでもない!

(記事にあったこちらの表がわかりやすい!)
f:id:arekore-mom:20190712064904j:plain


だから、授かった時が、後付けでもいいから自分で「大正解なタイミングだった!」と、ぜひそう思えるように、
仕事もプライベートもやりたいことはやれる時にやっておいたらいいんじゃないか!?

子を産むことが全てでないから、自分で自分の価値観や優先順位を整理しておくと落ち着くかもしれない!
なんなら、話聞きますから!一緒に整理、しましょうか・・・?
(このひとことが、素人だからと思って言えなかったからキャリア・コンサルタントの勉強をしたんだった。今なら言える!)

あと、体をどうか大切にしてほしい!
産みたいと思った時のためにもいいし、産まなくたって、健康に越したことはないから!!!


です。
やたら「!」ばかりの叫びになりました・・・


そうそう、子どもを持つと、また自身の考え、子どもの様子、周囲の状況や理解、などなど変わり、価値観や優先順位が変わることも大いにありますよね。


日経doorsの特集はこちら。
doors.nikkei.com